2016年8月26日金曜日

不動産の売却の流れ~①(「売ろうかな」と思ってから査定まで)

こんにちは☆

店長の塩福です。

 

まだまだ暑い日が続いてますね。けど、夜と明け方は以前より寝苦しさがなくなった気がします。

めちゃくちゃ、暑いなと思っておりまして、ネットを検索していると、ポールシフトが起こり始めている

んじゃないか?この暑さはそのせいじゃないか?などと書いているページもありました。

色々な見解があるかと思いますが、とにかく暑い。

皆さまも元気にこの夏を乗り切りましょうね!!

 

さて、本日のブログは不動産売却の流れについて書きたいと思います。

弊社は営業として、不動産を売却処分したいというお客様のニーズを掘り起こし、お客様の大切な

財産であります不動産に対し、お客様の利益を最大化する提案を行っております。

 

ですので、良く売却のご相談をお受けいたしますが、皆さま、売却をお考えになられる際は必ず

その理由がおありになります。その十人十色のお客さまのニーズをよくお聞きしてお客様一人

一人のニーズにあったご提案を差し上げるのですが、その際、よく聞かれますのが、不動産

売却の流れについてです。

 

それを今日はおまとめしてブログの記事にいたします。

 

① 売却してみようかな?

  どこに相談してみようかな?とお考えになる

**********************************************

まずは、売却をしようかとお考えになる事がSTARTだと思います。

大切な財産であります不動産ですので、少しでも高く、早く売却したいというのが、お客様の本心

ですし、それをサポートするのが不動産業者の仕事になります。

**********************************************

 

② 不動産業者へ相談→無料査定

  もしくは最近は査定サイトを通じて価格査定を行う

**********************************************

知り合いの不動産業者、知っている不動産業者、地元の不動産業者へ相談してお客様の

ニーズを伝え、希望を伝える

その結果を踏まえ、価格査定並びに販売計画の立案をお願いする。

という事になります。大切な財産である不動産の売り出し価格については当然、持ち主である

地主さんが販売価格を決めていただきます。ただ、相場というものがありますので、その客観的

数値として価格査定を出させるのです。

その客観性を担保するために、しっかりと査定価格に納得できないのであれば、数社に査定

させてもよいと思います。

 

また、最近はインターネットで査定サイトをよく目にします。

そのような業者さんは、査定をして販売活動を行うことに対して積極的な業者さんですので、

不動産業者さんにご縁が無ければお願いすることもよろしいかと思います。

 

但し、このようなサイトによくある、査定額のバラツキにつきまして一言申し添えておきます。

査定は、今、その土地を売却した時に、動いている価格を客観的に示したものだと思います。

※その価格に主観を入れたものは、「所見」となります。

 

ですので、本物のプロが査定をした場合、査定価格はどこもほとんど同じ価格になるべきだと

思います。

 

それを、査定サイトではあたかも、見積もりを比べるように複数社に頼めば査定額が高くなる

と書いているサイトがありますが、それは良くない事です。

買取見積もりの比較であれば、高いところが出れば出るほどいいですよね。※けど、一般に査定額は買取

価格見積とは金額が異なるものです。

 

ただ、査定額は仲介をした時の、相場の価格ですので、相場より高く売り出せば売れません。

 

売れなければ、様子を見て下げればいいという業者もいますが、それは、不動産の鮮度を

下げてしまう行為です。

やはり、不動産も目新しい物件が動く可能性が髙いのです。

 

ずっと何年も、動いていない物件は探している人にとって、今まで誰も買ってこなかった物件は

私も買いたくないという気持ちになりかねません。

 

不動産を仲介で売却する(これが一番高く売れることが多いです)というのは、やはり、

相場の価格で、正しく積極的な販売活動を行うことで、より早く高く売却できるのです!!!

************************************************

 

さて、①では、売ろうと思った所から査定と査定のポイントを書きました。

 

次回は、査定と同時に弊社では行います販売活動と業者選定について書こうと思います。

 

それでは、暑い暑い夏ですが、元気に暑さを吹き飛ばしましょう!!!

 

ホームページ:https://crst-baibai.com/

0 件のコメント:

コメントを投稿