2016年9月13日火曜日

不動産売却の流れ②(業者選定~不動産業者の選び方~)

こんにちは☆

店長の塩福です!!

 

さて、本日のブログは先週、一生懸命書いたのに消えてしまって力尽きたblogを再度

書き直して皆様にお届けしようと思います!!

 

不動産売却の流れ①では、不動産を売却しようとお考えになられてから、業者に連絡を

する所、また、査定額とは何か?買取価格とは何か?と言ったところを書きました。

 

本日の売却の流れ②では、そのような不動産業者の中でどの業者を選定すべきなのかについて書きたいと思います。

 

1番重要な事は、下記の2点だと考えます!!

1点目

その不動産業者がお客様の本当のニーズをはっきりと把握し、そのニーズをかなえる提案をしっかりできているか?

2点目

その不動産業者並びに不動産営業担当の事を信頼できると感じたかどうか?

 

なぜ、この2点が大切かと言いますと、

1点目につきましては、

お客様の本当の売りたい理由、どのように売っていきたいのかというお考えは、私共業者が最も深く、最も注意深く理解したうえで、お客様の期待に応えなくてはならないポイントになります。

このポイントをよく理解できている会社は、お客様の本当にしてほしい営業のポイントを良く理解して動きますので、お客様の要望(例えば、早く売りたいのか、高く売りたいのか?等)を叶えてくれると思います。

この辺を曖昧にしていると、例えば、お客様は値段を下げてでも3か月以内の売却を求めているのに、そのような営業を取らなかったり、例えば、周りの人に今、売り出しをしていることを知られずに売却することをお求めなのに、早く売れるようにと、看板やのぼりをだしてみたり・・・。等、あるかもしれません。

また、最も良くない業者は、お客様のニーズよりも不動産業者の都合で売買の営業のタイミングや手法を決めたり、自社が仲介料をとる事だけを第一に動く、などという事にもなりかねません。

 

2点目につきましては、

やはり、お客様の大切な財産であります不動産を預けて、売りを任せる業者ですので、やはり信頼関係が築けなければなりません。

当然、その一部として、大手である看板や、CMや広告をうって知名度があるかどうかという事も大切だと思います。(弊社も全国不動産チェーンであるLIXIL不動産ショップに加盟しておりますし・・。)

ただ、一番はその担当者と会社の責任者例えば社長を信用して、ご自身の大切な財産を預けられるかだと思います。

 

これは、良くご理解いただける点だと思います!!

 

ですので、売りを任せる業者を選定する際は、この2点のポイントをよく抑えるとよろしいと思います。

・ お客様の話をよく聞いて、ポイントを押さえる事ができる営業マンであるか?

・ お客様の要望をくみ取り、その要望をかなえる的確な販売活動を提示しているか?

・ お客様の大切な財産である不動産をあずけるに値する担当者と社長であるか?

いかがでしょうか?

 

次回は、預ける業者を決めたら、どのような形態で預けるか?売却の流れ③(媒介契約)について書きたいと思います。

 

それでは、台風も週末の三連休は近づいているようです。お気をつけて下さい☆

 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿